【福岡市/KBCシネマ】映画『めぐみへの誓い』3/5まで

令和3年2月27日(土)より、KBCシネマにて映画『めぐみへの誓い』が上映されます。この映画は、北朝鮮による日本人拉致事件をテーマに扱った世界初の実写映画であり、制作費はクラウドファンディングなどの寄付で賄われました。

すでに19日から東京・大阪などで劇場公開が始まっており、一部ではチケットが売り切れるなど盛況です。福岡県では唯一、福岡市天神北のKBCシネマで27日から上映されます。

映画の見どころ

もともと舞台演劇作品として全国各地で上演されていたものが、映画『めぐみへの誓い』として生まれ変わりました。といっても、舞台映像を映画館でみるというようなものではなく、完全な映像オリジナルです。

実は、私も試写会で本編を観るまでは「それほどクオリティは高くないのではないか」と予想していました。いくら寄付を集めたとはいえ、制作費が潤沢だったとは言い難いからです。

しかし本編を観て、心の底から驚きました。この映画が現実に起こった「拉致問題」をテーマにしていることを忘れてしまえば、極めて完成度の高い「エンターテイメント作品」に仕上がっていたからです。

この映画はもちろん、エンタメ(娯楽)作品ではありません。そんな呼び方は相応しくないでしょう。ここで言いたいことは、この映画は「絶対に退屈しない」作品であり、拉致問題に関心のない人であっても「強い衝撃」を受けることが間違いないということです。

前売券が売れていない

福岡ではまもなく公開初日を迎えるわけですが、この段階になって劇場であるKBCシネマから製作委員会に対し「まったく前売券が売れていない」という連絡がありました。

KBCシネマという映画館は福岡市の中心部「天神」からほど近い場所にあるのですが、駅から徒歩15分と距離があり、周囲には競艇場くらいしかないため前売券を買うためだけに行くのは現実的ではありません。

しかもこのご時世に、「インターネットでの予約販売」を行っていないのです。ですから前売券が売れないのは当然なのですが、このまま初日から「不入り」になってしまいますと、数日で公開中止に追い込まれます。

友人・家族を誘って下さい!

2月27日から3月4日までの上映スケジュールは1日1回のみ(しかもほぼ午前中)と少なめです。平日であれば尚更減ってしまうでしょう。

福岡市近郊の方はぜひ、お友達やご家族を誘って足をお運び下さい。拉致問題啓発のために、一日も長く本作がKBCシネマで上映されるよう、ご支援ご協力のほど宜しくお願いします。

(救う会福岡/本山貴春)

▽上映スケジュール
2月27日(土)10:00~11:45
2月28日(日)10:40~12:25

3月1日(月)12:00~13:45
3月2日(火)12:10~13:55

3月3日(水)11:35~13:20
3月4日(木)11:40~13:25

▽KBCシネマ公式サイト
kbc-cinema.com/movie/6414.html

▽アクセス
〒810-0071福岡市中央区那の津1-3-21
・西鉄バス「那の津口(ボートレース福岡入口)」徒歩 約2分
・市営地下鉄「天神」徒歩 約10分
・西鉄大牟田線「福岡(天神)」徒歩 約15分
・イオンショッパーズ福岡店 徒歩 約5分

▽Facebookにイベントページを立ち上げました
facebook.com/events/418753945885433

この記事は救う会福岡公式サイトからの転載です。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 【10/22】生活保護制度を学ぶオンライン講座
  2. 「コロナ不況を生き残れ」フリーランス向け支援【動画あり】

公式SNSで配信情報をお届け!

twitter

facebook

Instagram

youtube
PAGE TOP