【11月1日】仮面劇『アフロディーテ三島由紀夫物語』上演(福岡市)

市民劇団・美洲座(石原龍司座長)は、令和2年11月1日に舞台『アフロディーテ三島由紀夫物語』を上演すると発表した。

美洲座旗揚げのきっかけとなったのは、石原氏らが平成31年から福岡市内で開催している三島文学の読書会だ。『潮騒』『金閣寺』など、三島の代表作を中心に、毎月一回朗読を行い、作品解説とディスカッションを行なってきた。

令和2年は三島由紀夫没後50周年ということもあり、これを機に舞台化の企画が立ち上がった。

今回上演されるのは、三島由紀夫が作家として戦後日本の文壇に華々しくデビューするまでの本名・平岡公威の前半生。公威の祖母、母、妹、恋人がそれぞれ登場し、公威について独白する筋立てになっている。

昭和20年の敗戦は三島由紀夫にトラウマを与えた。同年、三島は実妹・美津子を病気で亡くしている。敗戦と妹の死が三島文学に重大な影響を及ぼしたことは、三島研究者の間でも広く論じられている。

また、祖母・夏子、実母・倭文重の教育方針も、三島文学を育てることに決定的な影響を与えている。舞台では三島の親族である3人の女性に加え、『金閣寺』『仮面の告白』などのモデルになった三島の元恋人も証言者の一人として登場する。

主催者によると、劇場側から新型コロナ感染症対策のため「スタッフ・観客の他、出演者もマスクを着用」するよう求められていることもあり、舞台上では全員仮面を被るなどの演出を検討しているという。

美洲座は出演者を含め、劇団員を募集している。チケット販売は本年8月中旬に開始予定。

Aphrodite(アフロディーテ)三島由紀夫物語
主催:市民劇団 美洲座(みしまざ)
日時:令和2年11月1日(日)/開場18:00-/上演19:00-20:30
場所:ぽんプラザホール(福岡県福岡市博多区祇園町8-3)/「キャナルシティ博多」隣接
詳細:mishimaza.net

関連記事

  1. 明治維新は佐賀藩が起こした!?「肥前さが維新博」の郷土愛が凄い

  2. 奥茂治氏が「慰安婦裁判」帰国報告 なぜ謝罪碑を書き換えたのか

  3. 『満洲文化物語』著者に聞く(前編)日本で差別された満洲引揚者の苦悩とは

  4. 福岡市で「英霊顕彰」県民の集い 喜多由浩氏「朝鮮統治の努力を知って」

  5. 東京で憂国忌 小川榮太郎氏らが『春の雪』巡り討論

  6. なぜ人類は戦争を止められないのか? 生き残りを賭けた戦争の歴史とは

  7. 織田信長はキャプテン翼だった!? 涙ぐましい努力家に学ぶべき事とは

  8. 【それいけ!ネコウヨ玉乃進】ネコでもわかる改憲派と護憲派の違いとは

  9. 【8月10日】「日本のどん底」を語る 鈴木傾城氏トークイベント@大阪

PAGE TOP