博多祇園山笠を現在の姿に変えたのは、意外なアレだった!?

7月前半は、福岡市内中心部の14箇所に10メートルもある巨大な「飾り山」が設置される。これは「博多祇園山笠」の祭りの一環で、毎年新たに博多人形師が制作している。

人形装飾のテーマは「流れ」と呼ばれる町単位で異なり、時宜にかなったものが選ばれることが多い。ちなみに、JR博多駅前の今年の飾り山はNHK大河ドラマの『西郷どん』がテーマになっている。

博多駅前の巨大な飾り山。

躍動感あふれる「西郷どん」。

博多の山笠には「舁(か)き山」と「飾り山」の2種類があり、「舁き山」の勇壮さはことに有名だ。しかし昔は、この両者は同じだった、と言えば驚かれるだろうか。実は、昔の博多っ子は10メートルもある山笠を「舁いて(=かついで)」いたのだ。

しかし明治以降、街中に電線が架けられるようになり、山笠が電線を切る事故が多発したことから小型化し、別途「飾り山」が置かれるようになったというわけだ。(祭り自体が危うく廃止に追い込まれるところだった)

ちなみに明治初期には、最大16メートルもの「舁き山」が登場していたというから驚きだ。

「舁き山」と言えば、博多祇園山笠の最終日、7月15日の「追い山」で7つの「流れ」が全力疾走してゴールまでのタイムを競い合う。

これこそが博多祇園山笠の勇壮さを体現するものだが、この競争が始まったのが1687年。なんと、5代将軍徳川綱吉によって生類憐れみの令が出された年だ。

近年、福岡市の中心部でも電線の地下埋設化が進んでいる。ひょっとしたら、再び10メートルの巨大「舁き山」が博多の町を全力疾走する日も近い、かも知れない。

『博多の恩人・聖一国師と博多祇園山笠』(集広舎)より

今年出版され、山笠関係者にも大好評を博している『博多の恩人・聖一国師と博多祇園山笠』(集広舎)を読むと、博多祇園山笠の由来や、祭りを支えている博多っ子の舞台裏がよくわかる。この本を読んで、7月15日早朝の「追い山」をご覧になってはいかがだろうか。

博多の恩人・聖一国師と博多祇園山笠
原作:井上政典
漫画:渋田武春
発行:集広舎
判型:B5判/130ページ/並製
価格:1,500円+税
ISBN 978-4-904213-61-2 C0921
発売予定日:2018年6月10日

関連記事

  1. 丸山穂高議員への批判者が知らない、国際社会における領土問題の現実とは

  2. 東京で憂国忌 小川榮太郎氏らが『春の雪』巡り討論

  3. 日本企業における深刻な人材不足 結果的に「ダイバーシティ化」が進んでいる

  4. 誤解されている「政教分離」、国教を定めている国も意外に多い?

  5. 西村元防衛政務次官「日本は核の傘を失った」

  6. 【それいけ!ネコウヨ玉乃進】ネコでもわかる与党と野党の違いとは

  7. 「継戦」の形而上学を形成せよ!(3)欧州の危機と日本の未来

  8. 超高齢化による介護負担増をどうすべきか?海外でも同じ課題が

  9. 「銃乱射事件の悲劇を政治利用するな」と米国保守派がメディアに反撃

PAGE TOP