「博多祇園山笠」の由来が漫画に 福岡市内の全小中学校に配布へ

日本三大祇園祭の一つで、800年以上続く勇壮な神事である「博多祇園山笠」。その由来となった人物とエピソードが一冊の漫画にまとめられ、作者らが福岡市役所で記者会見を開いた。

『博多の恩人・聖一国師と博多祇園山笠』(集広舎)は、福岡県を中心に活動する歴史ナビゲーターの井上政典氏が原作を書き、週刊少年マガジンなどに連載経験をもつ渋田武春氏が漫画化した。

この漫画が制作されたきっかけは、平成24年に福岡市の承天寺で上演された演劇「博多の恩人 聖一国師物語」だった。この演劇をみた人々の間で漫画化の機運が生まれ、企画開始後4年の制作期間を経て出版の運びとなった。

左・漫画家の渋田武春氏、中央・原作者の井上政典氏、右・集広舎の川端幸夫社長

原作者の井上政典氏は、「郷土の誇りを後世に伝えることが、この本のテーマ。先人の思いを子供達に伝えたい。聖一国師は地元でもあまり知られていないので、この漫画をきっかけに知って欲しい」などと述べた。

また、漫画家の渋田武春氏は、「巨大な山笠を動かすには、誰かが目立とうとするのではなく、舁(か)き手全員が一致団結しなければ動かない。名もなき人たちが皆ヒーローになることで物事が動く、ということを伝えたかった」と述べた。

福岡市教育長に贈呈

『博多の恩人・聖一国師と博多祇園山笠』は九州電力、JR九州など地元企業の協賛を受け、福岡市内の全小中学校に配布されることになり、福岡市教育委員会に寄贈された。

同書は6月10日より、福岡市内の書店のほかAmazonなどで販売される。

博多祇園山笠

博多の恩人・聖一国師と博多祇園山笠
原作:井上政典
漫画:渋田武春
発行:集広舎
判型:B5判/130ページ/並製
価格:1,500円+税
ISBN 978-4-904213-61-2 C0921
発売予定日:2018年6月10日

原作:井上政典(いのうえ・まさのり)氏
歴史ナビゲーター/九州歴史観光戦略研究所代表。1956(昭和31)年,福岡市生まれ。西南学院大学経済学部卒業後,明治生命保険相互会社入社。同社退職後,2011年に九州歴史観光戦略研究所を立ち上げる。2012年,承天寺で公演の『博多の恩人聖──国師物語』を原作・プロデュース。月刊『福岡フォーネット』にてコラム「意外史講座」毎月連載中。『別冊宝島 軍師官兵衛その戦略と生涯』(宝島社,2013年)・『明治日本の産業遺産 丸わかりBOOK』(QBC九州ビジネスチャンネル編集部,2015年)にコラム寄稿。著書=『オッショイ! 福岡の神社が面白い』(啓文社書房,2017年)
井上政典のブログ https://ameblo.jp/rekishinavi/

漫画:渋田武春(しぶた・たけはる)氏
1960年,福岡県生まれ。『週刊少年マガジン』第87回月例新人賞・入賞,同第40回新人漫画賞・佳作をへて漫画家デビュー。現在,ヒューマンアカデミー福岡校ほか複数の学校で漫画講師として勤務のかたわら,デジタルによる広告漫画制作で九州を中心に活動中。主な作品は『HARD・COP』講談社(全2巻),『ファンキー・ポリス』講談社(全2巻),『実録・義の虎/私設銀座警察シリーズ』竹書房刊(全3巻)など。
ホームページ http://www.asahi-net.or.jp/~en2t-sbt/

関連記事

  1. 「文化の日」を「明治の日」に改称へ 10月29日に院内集会開催

  2. 男の戦闘服=スーツの起源はズバリ「軍服」にあった!?

  3. トランプ大統領が「武士の国」と呼んだ日本に、武士はいるのか?

  4. 世界に「日本の立場を英語で発信」し続けるために、今できることとは?

  5. 日本独立運動(3)日本独立を阻む者

  6. PR動画がエロすぎて炎上?本当は怖いポリティカル・コレクトネスとは

  7. 日本の子供達に「拉致問題」を教えると、在日子弟をいじめるのか?

  8. 米国内でも批判されていた「反セクハラ女性大行進」の不都合な真実

  9. 「銃乱射事件の悲劇を政治利用するな」と米国保守派がメディアに反撃

タイアップ記事

PAGE TOP