豪華版のカプセルホテル?話題の「ファーストキャビン」に泊まってみた

ときに出張は突然やってくる。しかし都会はビジネスホテルがいっぱいで、なかなか予約がとれない。しかし出張費は節約しないと・・・。そんな時、頼りになるのがカプセルホテルだ。

カプセルホテルだと満室になることは中々ないし、値段もお手ごろ。ホテルによっては大浴場もあり、ゆっくり湯船に浸かって温泉気分を味わうことができる。

しかしカプセルホテルの難点は、狭苦しくて疲れが取れにくい、ということ。特に連泊ともなると、ずっと疲れが溜まって行くことになり、せっかくの出張でも、商談に差し障りがあるかも知れない。

そんなカプセルホテルに、新しい風が舞い込んだ。テレビでも話題の「飛行機のファーストクラスみたいなカプセルホテル」である。

今回泊まったのは東京の「ファーストキャビン秋葉原」だ。カプセルホテルでありながら、客室がゆったりしており、ベッドの上に立ってもギリギリ天井に当たらないくらい。(背の高い人だと当たるかも)

私が利用したのは「ビジネスクラスキャビン」だが、「ファーストクラスキャビン」だと、ベッドの横に立てるスペースもある。ちょっとしたビジネスホテルの客室のようだ。

ビジネスホテルとの違いは、客室に鍵がかからないこと。その代わり、各部屋に鍵付きのボックスが備え付けてある。貴重品はボックスに入れて、鍵を腕に巻いておけば一安心だ。

客室内にテレビがあるのは他のカプセルホテルと同じだが、スマホを充電できる電源があるのはありがたい。古いカプセルホテルだと、これが無いので困る。

風呂、トイレ、洗面所は共有となる。風呂は大きめの浴場があり、個室のシャワールームも使える。全体的に新しく、お洒落な雰囲気の内装だ。

このカプセルホテルは女性専用のフロアもある。フロントを見ていると、男性客よりも女性客が多い印象だった。この辺もこれまでのカプセルホテルと一線を画すところだろう。

1階には無料で使えるラウンジがあり、食事をしたり、パソコンで仕事をしたりすることもできる。もちろんWi-Fi完備だ。

ファーストキャビンは東京に8施設、大阪に3施設、京都・愛知・福岡・長崎に各1施設あるらしい。出張で宿泊先に困った際は、一度利用して見てはいかがだろうか。

▽ファーストキャビン
https://first-cabin.jp/

本山貴春(もとやま・たかはる)独立社PR,LLC代表。北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会副代表。福岡市議選で日本初のネット選挙を敢行して話題になる。大手CATV、NPO、ITベンチャーなどを経て起業。

関連記事

  1. 沈む船と乗客を見捨てるリーダーはいらない

  2. PR動画がエロすぎて炎上?本当は怖いポリティカル・コレクトネスとは

  3. 第二次世界大戦はスパイ戦争だった!?おそるべき共産主義の陰謀

  4. 織田信長はキャプテン翼だった!? 涙ぐましい努力家に学ぶべき事とは

  5. 中国政府に殺された民主化の英雄・劉暁波が語った「日本の桜」とは

  6. 米トランプ大統領が自らニュース動画の配信を開始 大手メディアは一斉に反発

  7. 西村元防衛政務次官「日本は核の傘を失った」

  8. 「良い会社」の定義とは?「はたらく」ことの意義を問い直す

  9. 長時間労働やサービス残業が日本の経済成長を妨げ、日本人を不幸にした

PAGE TOP